昭和23年 岐阜県土岐市鶴里町にて長石粉製造開始
昭和25年 陶磁器用製土製造開始
昭和27年 タイル用製土製造開始
昭和29年 岐阜県多治見市笠原町に工場を建設し本格的にタイル用原料製造開始
昭和39年 資本金1,000万円とし丸美陶料株式会社として設立
昭和44年 スプレードライヤーの新設に伴い岐阜県土岐市妻木町に新工場(現本社工場)を稼働
昭和47年 タイル用原料生産の拡大に備え本社敷地内に工場を増設
昭和58年 本社工場内にファインセラミックス用テストプラント工場を設置
昭和60年 ファインセラミックス用原料製造販売開始
昭和63年 タイル用原料生産に(月産30,000t)備え工場を増設
昭和63年 乾式無釉タイル用原料製造ライン設置
平成3年 乾式無釉タイル用原料製造ライン増設
平成4年 「新島コーガ石」が窯業原料「新島長石」として新島村より正式に承認される。
平成9年 資源循環型リサイクルシステム スタート
平成15年 増産に備えファインセラミックス工場増設
平成21年 高純度顆粒粉製造に備えファインセラミックス工場増設
平成21年 湿式タイル原料製造ライン稼働
平成22年 ガラスリサイクルシステム スタート